To See a World in a Grain of Sand...(William Blake)

Welcome.This is my glass beads art show. Please have a look and enjoy!
これから、自分で作ったビーズ作品の写真を載せてみようと思っています。楽しんでもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
祈り
 

そこは 生まれ育ったふるさとだったかもしれない

まだ見ぬ未来に夢を馳せ 

移り住んだ新天地だったかもしれない

大空の下 緑深い山々は 澄んだ風を 

潮のうねりは 豊かな恵みをもたらしたことだろう

 

あなたを育んだ 街へのいとおしさを 

片時も忘れることなど なかったはず。

 

何げなく交わしたあいさつ

隣人たちの陽気な笑顔

屋根の下 皆でかこんだ あたたかな食卓

子供たちの笑い声

街の雑踏

行き交う車

平原を突きぬける道

あたりまえの日常こそが 

かけがいのない幸せだったはず。

他の何にもゆずることのできない 幸せだったはず。

 

あなたの家族 友達 仲間 

夢も 思い出も 愛してきたもの何もかも

全てを飲み込み 流し去った大波にも 

ひとつだけ 奪うことのできないものがある。

 

それは 悲しみと絶望の奥底から 立ち上がる力。

生きているかぎり 誰もが持ちうる力だから

起き上がれる 信じている。

手を差し伸べることができない代わりに

思いを寄せて 祈ろう。

 

あなたは言うだろう

祈りなどで、いったい何を変えられるのか。

何もかも失った今、誰のために 何のために祈るのか?

 

わたしにもわからない

祈ったところで 何になるのか?

 

それでもわたしは祈り続ける

救いを求める力さえも うすれていくあなたの心に

儚いこの思いが

とどいてほしいと願うかぎり

わたしは祈り続ける

 

夜が明けるたび 

無関心に廃墟を照らす陽の光に

一筋の希望を見いだせる時が 訪れますように。

 

あなたの頬をつたう涙を 冷たく見下ろす星の光に

大海の泡と散っていった 

愛する人たちの頬笑みが宿りますように。

 

粉々に砕けたその心が 

いつかもう一度 花開きますように。

失意の中から 頭をもたげる花は 

散りもせず 枯れもせず 

ひび割れた大地をおおい尽くす瓦礫の上に立ち

力強く 世界を照らし続けることだろう。

 
東日本大震災で犠牲となり、被害にあった全ての方々に…。











Spring | comments(0)
スポンサーサイト

- | -
Comment









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • photo by Satie
  • design by Tea
  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.