To See a World in a Grain of Sand...(William Blake)

Welcome.This is my glass beads art show. Please have a look and enjoy!
これから、自分で作ったビーズ作品の写真を載せてみようと思っています。楽しんでもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
La Petite Fleur. ブログのご紹介

 はじめまして。La Petite Fleur、楽しんでください。普段からキラキラ光るものが大好きな私は、いつの間にかガラスビーズの魅力に取りつかれてしまいました。ここでは、急がしい日々を送る傍らで作った作品をご紹介したいと思います。楽しんでいただけると、とても嬉しいです。

◎ビーズの世界に魅せられて

 
 イギリスの有名な詩人ジョン・キーツ(John keats)は、“A thing of beauty is a joy for ever”という言葉を残しています。美を感じさせるものは人それぞれ、しかし私にとってはそれがビーズアートの世界なんです。ダイヤモンドのようなスワロフスキーとか、虹色に光るチェコビーズも、細かい色々な絵が書きこまれたベネチアンビーズも好きです。カラフルな光の粒を集めて、思い描いたものを様々に編み上げるようになりました。

◎はじめのころ

 
 
 初めてビーズを始めたころ、多くのビーダーの例にもれず、私もアクセサリーから作り始めました。ネックレスや指輪とか、携帯ストラップとか。けれど、それらはほとんど小さなものばかり。そもそもアクセサリーで手のひらサイズを超えるものなんて、まず身につけませんよね。それに、夢はデッカイ方がいい!そこで、女性の首や手指を飾る以上に大きなものを作れないだろうか、思いめぐらすようになりました。

◎夢は大きく…

 
 私の好きなイギリスの詩人のひとり、ウィリアム・ブレイク(William Blake)の詩の一節があります。
“To see a World in a Grain of Sand
 And a Heaven in a Wild Flower,
 Hold Infinity in the palm of your hand
 And Eternity in an hour. ” (Auguries of Innocenceより)

「一粒の砂の中に世界をみる。」勝手に解釈してますが、これこそ私がビーズを手にする時に思う事です。スワロフスキーでも、チェコでも、どれでも一粒のビーズを手に取って眺めると、わかります。あるものには、ちょうど水晶の中に入ったひびのように、透き通った不思議な世界が見えます。またあるものは、スワロなんかがそうですが、私達の住んでる世界をその表面に鏡のように、しかも実際とはちがったふうに映し出します。だから、一つ一つのビーズの玉には、それぞれの世界があるんだなって、思うんです。
そうした粒を、たくさん集めたらどうなるだろう?ブレイクが言うような、野の花を一輪作ったなら、そこに天国のような景色を見られるだろうか?そんな思いを馳せながら、自分なりの夢の世界を作るようになりました。レシピも何もありません。必要なのは、長ーい糸(か又は針金)と、幾千もの光の粒と、想像力だけ。全てが私の手のひらに任されます。果てしない永遠に続きそうな夢を編み上げます。それももちろん、果てしない作業。一時間やそこらでは、とうてい無理ですけどね!

 


About Me & Beads Works | -
About Me & Beads Art
 Welcome to my web page La Petite Fleur. This is a photo space intended to share pieces of my own glass beads works with anyone interested.
Please enjoy anytime you like.

 Also, I'm gonna tell you a bit more about me & beads art down below. So please have a look.

◎The way I met glass beads
 A very famous poet said onece “A thing of beauty is a joy for ever.”(John Keats) I think that's true to anyone's life. As for me, such “a thing of beauty”can be anything shiny & brightly sparkling, such as jewels like diamond or ruby, cracks in crystal, prismatic drops of a fountain in a park, iridescent soap bubbles, etc... So, it was quite natural for me to be charmed by the art of glass beads.
 As you know, each grain of beads is so tiny but many a little makes a mickle. Once get intrigued by this seemingly small girlish world, you'll see how amazingly boundless it is! Making up any shape, any pattern is possible with countless colour variation. All you need is a long thread (or wire) and thousands of colourful shiny grains of lights. It's like stuck in a huge maze of kaleidoscope. Easy to get in, but you can never leave, 'cause there's no way to be tired of it!

◎When I just started...
 
  


 As with no exception to most beaders, I also started making simple accessories like necklaces, rings or earrings. However, those are so small, just palm-size at most. Isn't it a bit boring to merely decorate your neck or fingers? If you have bigger dreams, more fun you'll get, I think. So, the next I'm gona tell how I came to change my beading style.

◎Weaving up dreams 


 “To see a World in a Grain of Sand
And a Heaven in a Wild Flower
Hold Infinity in the palm of your hand,
And Eternity in an hour."

I love this part of William Blake's poem, because it represents what I feel when making my works.
Pick up one grain of any glass beads in your hand and look closely into it. Then you can see there's surely some kind of world. Some beads have patterns or sceneries within, just like cracks of crystal. Others' surfaces reflect the world in which we live, making it look more different. Definitely each bead has its own world.
Then, what if such grains gather up to make something big? What if, they are turned into something like “Wild Flower”? Can we wee a “Heaven”in it? Well, I think I can make it come true for sure. Yes, that kind of “Infinity”is “in the palm” of my hand, although working on such artifice of“Eternity”will never be done in just an “hour”or so.
So, without counting on any recipe, I came to design and weave exactly what I dreamed of.




About Me & Beads Works | -
はじめてのブログ
ブログを作ってみようと思い、試しています。
何がどうなっているのか、わからないまま記事を書いてみたりしています。
まだまだ時間かかるけど、楽しくいろんな人と情報共有できるページを作っていきたいな。

About Me & Beads Works | comments(1)
1/1
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • photo by Satie
  • design by Tea
  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.